超肥満ならベイザー法とオルリスタットで対処

超肥満で悩んでいる方の中には「痩せたいけれど、どうしていいか分からない」というケースも少なくありません。
100キロ以上などの超肥満の場合、運動でのダイエットはひざや腰などを痛める原因になります。
また、太りすぎている時、無理に運動してしまうと心臓に大きな負担がかかり、健康を害する恐れもある為注意しましょう。

超肥満の場合、「ベイザー法」という脂肪吸引にプラスして、「オルリスタット」配合の肥満治療薬の服用がお勧めです。
脂肪吸引は脂肪が気になる場所に、カニューレという細い管を挿入し、そこから脂肪を吸引する痩身術の1つです。
ベイザー法はカニューレの先端から、ベイザー波という特殊な超音波エネルギーを放出し、脂肪を柔らかくするのが特徴となっています。
ベイザー波により柔らかくなった脂肪は吸引されやすくなる為、ベイザー波では皮下脂肪の約90%も吸引できると言われています。
脂肪を取り除く効果の高いベイザー法による脂肪吸引ですが、今現在体についている脂肪は取り除けても、これから先脂肪が体に溜まるのを予防する事はできません。

そこで活用したいのが、「オルリスタット」を配合した肥満治療薬です。
オルリスタットは脂肪分解酵素「リパーゼ」の作用を、抑制する成分です。
リパーゼがしっかり働かないと、食事で摂った脂肪を分解できない為、体への脂肪吸収率を下げる事ができます。
オルリスタットを服用する事で、食事をして脂肪がつきにくく太らない体質となるのです。

超肥満の方の場合、オルリスタット配合の肥満治療薬を併用する事で、脂肪吸引後のリバウンドの予防にも繋がります。
食べつつダイエット効果を得られるので、無理なく体型をキープできるでしょう。